穏やかな音楽と野生の植物の香りに包まれる
羽村の小さなタイマッサージ&アロマトリートメントサロン ecoubio エクビオ
おかげさまで、5周年を迎えました
sustainable 【形】持続可能な、継続維持できる


サステナブル、サステナビリティ。

今年1月にビッグサイトで行われた、国際化粧品展のセミナーにて英国フレグラントアース社の創始者、ヤン氏が何度も口にしていた言葉。その時からずっと、サステナブルというその単語が頭の片隅にあって存在感を放っています。
 
フレグラントアースとはうちのサロンで使用している精油のメーカーさんです。初めて香りを嗅いだ時にその芳香の素晴らしさに感動し、植物のエネルギーとはこういうものかと驚きとともに使い始めて早10年が経ちました。自分はその時セラピストになりたてで、スクールを卒業したはいいものの、いざ現場でお客様に入るようになって身体の多様性に困惑し、右往左往していた時期でした。
 
こうすれば良いのではという仮説や推測に自分の知識と技術が全くもって追いつかず、かと言って今後どうやって勉強していったら良いのかの指針も無く、理想と現実の大きな乖離に悔しい思いをしていたのを今でも覚えています。

そんな折、とあるタイマッサージの勉強会で出会ったのが、今の私の施術のベースになっている”Awareness Anatomy-感じるからだの機能解剖学”を教えるピボットの平山氏でした。どうしてもこの人の教えを受けたい、と志願して待つこと半年。月に一度の勉強会が始まり、周りは国家資格を持つ医療従事者も多く、専門用語に全くついていけず、情けないことに授業中に泣くこともしばしば…。自分の身体を教科書にする、ということは自分のコンプレックスや見ないふりをしている部分、自分が今後どうしたいのかという事に向き合わざるを得ません。自分の不甲斐なさと向き合うというのは、自分にとっては結構きついことだったなぁと今では思います。
 
それから約10年が経ち、師匠が言っていた言葉の意味はこうだったのか、と最近ようやく分かるようになってきました。身体の使い方や思考のクセ、ある部分に現れる不調の原因、本来その人が持っているニュートラルポジションとバランスの大切さ。時間を無駄遣いして先に進まないのはその頃から変わらない自分の短所なのですが、グズグズしている間にも少しは成長したのでしょうか。
 
サロンに初めてのお客様がいらして、施術後にお話しさせて頂くと「どうして分かるんですか?!」と驚かれることがあります。リピーターのお客様からは普段の生活を見られているよう、ここに来ると全てがばれると。
 
身体というのは本当に正直で嘘をつきません。その方が自分でも意識していないことも、忘れていたことも、ちゃんと身体には書いてある。40過ぎたら自分の顔に責任を持て、それまでの生き方が顔に出るというのはあながち嘘ではない、というか全くその通りな訳です。最終的なバランスをとっている顔まわりは身体全体を表しているし、予防医学の師匠の口癖は「身体は食べたもので作られる」、キネシオロジーの師匠は「思考が現実を作る」。分野は違えど、皆教えて下さる内容の根本の部分は一緒です。一瞬一瞬の思考、精神、呼吸、身体の使い方、食事の仕方、、、今の自分は過去の自分の選択の結果であり、今の自分の選択が未来を作っていくということ。小さな習慣を変えることで、未来を変えることが出来る。当たり前のようですが考えさせられるものがあります。
 
前述のサステナブル、という単語には環境を壊さず利用可能な、地球に優しい、という別の意味もあるそうです。持続可能なもので無ければ、土やそこで育つ植物、動物、ひいては地球に優しくないという事なのかもしれません。自分に置き換えてみても、習慣化しないものは続かないですし、継続して提供できるサービスであるかどうか、一時的でなくお客様に貢献できるものなのかどうか、というのは自分の中での一つの判断基準です。サロンに来て頂くことで、自分が役立てることは何だろうと。そう考えるとやはり、その場だけ気持ち良かったで終わるのではなく、根本的な原因を解決することに力を注ぎたいと思っています。普段から不調を抱えている方はそれを解消するために、より上を目指す方にはパフォーマンスを上げるために、自分が少しでも役に立つならば何より嬉しく感じます。

ところで、先日の6月2日をもってエクビオはおかげさまで5周年を迎えることが出来ました。
独立して羽村でサロンを始めたとき、最低5年間は続けるというのが一つの目標でした。何事もなく無事に5周年を迎えられたのは本当におかげさまでという他ありません。自分を育ててくれた会社やホテル勤務時代のスタッフの方々、声をかけてくれた渡辺さん、常にサポートして下さった先生方、商店街の皆さま、そして何より変わらずご愛顧下さるお客様。いつもありがとうございます。心より感謝、御礼申し上げます。まだまだ至らぬところばかりでご迷惑をおかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
たまにご質問を頂くのですがエクビオというサロン名には、「身体の声を聴く」という意味を込めています。
 
ecouter 傾聴する × bio 生物、生命 
転じて細胞の声を聴く、自然のままの本来の状態であること、という意味もあります。
 
未知の可能性を秘めた人体、細胞が元々持っている機能を発揮し、よりそのパフォーマンスを上げるというのがコンセプトです。いらないものは排除し、傷ついたものは修復し、眠っているものは起こす。壮大な話ですね。笑
 
ボディワークを始めた当初から、何故か自分の中のキーワードに細胞という単位があります。新人の頃は今と比較すると身体の知識はないに等しいので、自分の手をひたすら繊細にして情報を受け取ることを心掛けていた訳なのですが、身体に触れたときに返ってくる反応というのは、筋肉や骨ではなく細胞からなのではないか、とずっと感じていました。ここは働いている、働いていない、起きている、起きていない、繋がっている、繋がっていない、上手く言えないのですがそういう類のもの。いわゆる気やプラーナとか言われるものは電気エネルギーの一種だと私は思っているのですが、その通り道はこの管の上、とか説明出来ないのでなおさらです。手から感じ取るものと、解剖学などの身体の組成や知識、バランスや関連性、心や精神の問題。どことどこがどう繋がっているのか。その不可思議を解決するために色々なことを学び続けている気がするのです。

折りしも、昨日はここ9か月学んできた予防医学の最終講義の日で、エピジェネティック(後発性遺伝子学)の話でした。上記のようなぼんやりした細胞の話ではなく、遺伝子とDNAの仕組みについて、それから一時期話題になったサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)のスイッチをONにする方法などについての実験データに基づくテクノロジーの話だったのですが、自分としてはこのタイミングで講義を聞けたことに意味を感じました。
 
というのも、今週の木曜からまたチェンマイに向かうのですが、目的は解剖見学実習に参加するのとチネイザン(内臓デトックスマッサージ)を再び学ぶためです。位置づけとしては正反対にあるのではないか、と思えるような感覚や感情、気やエネルギーのテクニックと、目に見える臓器を学ぶ解剖学、それを結んでいる不可思議の根本を突き詰めていくと、その一つは細胞とか遺伝子とか最小単位の話になる気がするのですが(気の話はややこしいので割愛します)、昨日の講義中に出てきたのは46億年前に遡るミトコンドリアと酸素の話。そもそもの発祥起源の時点から細胞が意志を持っていたのではないか、と思われる下りがあって非常に興味深かったのです。人はなぜ人であるのか、自分はなぜ今生きているのか、不思議なことはよりその不思議さを増すばかりです。
 
細胞、菌、微生物、生物、無生物…鍵を握っているのはあまりにも小さな単位で、そのそも根っからの文系である自分にとっては完全に未知の分野。非科学的なことを裏付けるには、必ずしも科学的な知識が必要である訳では無いのでしょうが、矛盾するようでいて両者は紙一重だと思うのは私だけでしょうか。

最初のサステナブルからだいぶ話がそれました。

自分の身体も、食べ物も、生活習慣も、サロンのあり方も、良い状態を継続して続けていくために出来ることから少しずつ、今後も実験と修行を繰り返していこうと思います。と、無理やりまとめて終わります。
 
という訳で、6/9〜6/18までタイ研修のため休みを頂戴致します。
電話は出られないのですが、ネット環境はありますのでメールでのお問い合わせは随時ご連絡下さいませ。パワーアップして帰ってきますのでお楽しみに。
行ってきます!

予防医学士の最後の授業、講師の坂田さんと。
体内の抗酸化チェックをパスしないと卒業出来ないので、居残りです…
心と身体 comments(2) -
Comment








かなちゃん、5周年おめでとうございます〜★
また、新しい1年をスタートさせてくださいね。
入れ違いでタイから帰国しますが、チェンマイでの学びも楽しんでくださいね〜♪
from. YUKO | 2016/06/05 10:24 |
ゆうこさん ありがとうございます!
ただいまバンコクです。近くにいらっしゃるのでしょうかー?どうぞお気をつけてお帰り下さいね。
from. ecoubio | 2016/06/09 08:55 |
<< NEW | TOP | OLD>>